• ホーム
  • つらい更年期障害に効くプレマリンとは?受診から処方されるまでの流れ

つらい更年期障害に効くプレマリンとは?受診から処方されるまでの流れ

心配している女性

更年期は閉経前後5年をさしており、女性の場合平均して50歳ぐらいに閉経を迎えるので、45歳から55歳までの間に様々な辛い症状が現れてきます。このような症状は更年期障害と言われ、個人差はあるものの多くの女性が悩まされている症状でもあります。

更年期障害の主な症状にはホットフラッシュと言われるのぼせやほてり、発汗や、イライラや急に泣きたくなる、うつ状態になる、不眠といった精神的なもの、頭痛や腰痛、肩こりがひどい、粘膜や皮膚の萎縮やかゆみといった身体的なものなど様々です。

特に感じることが多いのはホットフラッシュであり、時間や季節に関係なくいきなり顔が熱くなって汗が吹き出し、しばらくすると治まるといったことを繰り返します。人によってはうつ状態がひどくなってしまうこともあり、長く苦しむことがあります。

更年期障害が起こるのは女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少し、自律神経が乱れることによって起こりますが、ホルモンの減少の他に、家庭環境の変化や仕事での立場といったストレスが影響していることもあり、様々なことが要因となって症状が引き起こされています。さらに自分の性格も関係していて、几帳面でまじめな人ほどひどくなりやすい傾向があります。あまりにひどい場合はホルモン補充療法が行われますが、この場合低用量ピルではなく、エストロゲンの強度を抑えたものが使用されます。

更年期障害の治療として使用されることが多いプレマリンは、結合型エストロゲンと言われるものが含まれており、服用すると子宮や乳腺、膣といった体のあちこちにあるエストロゲン受容体と結合をします。結合すると不足しているエストロゲンが補われ自律神経が徐々に整っていくので、その結果、更年期のつらい症状が治まります。特にめまいや頭痛、ほてりの改善や老人性膣炎の改善があり、臨床試験においてもほてりやめまい、老人性膣炎の改善が認められています。1回1錠から2錠服用することで徐々に症状が緩和されていきます。

プレマリンをはじめとするホルモン補充療法は行えない人も多いので、初めて使用する場合は婦人科を受診すると良いでしょう。婦人科では問診を行い病歴やどの症状が辛いか、月経の有無などを確認し、採血をして血液中にどのくらいのホルモン量があるかをチェックします。その後、プレマリンなどの薬が処方され、症状に合わせて漢方薬の併用や、生活改善の指導を受けます。