• ホーム
  • ホルモン剤とピルの違いとは|目的に合った服用が重要

ホルモン剤とピルの違いとは|目的に合った服用が重要

薬を飲む女性

ピルとホルモン剤は似ているようで異なる部分が多いです。両方とも女性ホルモンが含まれているので、いわゆるホルモン剤と言えますが、一般的にホルモン剤とは更年期障害の治療で行われるものをさしており、低用量ピルのことはさしていないことが多いです。

生理痛の改善や避妊効果がある低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが含まれており、エストロゲンはエチニルエストラジオールを使用しており、薬剤によって黄体ホルモンが違います。
女性の体の不調を整えていくことができますが、更年期障害の治療として使用する場合、エストロゲンが強すぎて、更年期の女性にとって体の負担になることがあります。更年期障害においてのホルモン補充療法には、エストロゲン単剤とエストロゲンと黄体ホルモンの配合剤、黄体ホルモンの3つがあり、どの方法で行われるかはその人の既往歴や症状の重さなどによって決められます。

更年期などに使用されることが多いホルモン剤は、急激に減少してしまったエストロゲンを必要最小限の量で補うことに使用されます。ですが、女性の体ではエストロゲンだけ補充してしまうと、乳房がものすごく張ってしまったり、子宮から出血したりすることがあるため黄体ホルモンであるプロゲステロンも併用して行われます。

この時使用されるエストロゲンは一般的なピルよりも強度は低く、量的には低用量と比べて4分の1程度となります。これは閉経後も、低用量ピルのようにエストロゲンの強度が高いものを使用してしまうと、血栓症のリスクが高くなってしまうからです。

ピルとホルモン剤の違いは、含まれているエストロゲンの強度であり、40歳を超えた場合はピルを服用しないことが多いです。血栓症は、産後や妊娠中、ケガや手術の後に起こりやすいのですが、40歳以上の人が服用した場合、肝臓で代謝をするため血液凝固作用が高まってしまうので、血栓が発生しやすい傾向があるためです。そして閉経後も長期間ピルを継続して使用した場合、乳がんのリスクが多少上がることがわかっています。そのため年齢に応じて使い分けをしなくてはなりません。

ピルにも月経困難症に効果がありますが、ホルモン剤の場合は、自律神経失調症に関する症状に効果があります。更年期に起きやすい血管運動神経症状や皮膚症状などにも効果があり、のぼせや動悸、発汗や息切れ、皮膚や粘膜の萎縮なども軽減することができます。

また最近では、エラという新しいタイプのアフターピル薬も出てきております。黄体ホルモンのみの含有でエストロゲンを含まないピルなので、女性ホルモン剤に抵抗がある人や血栓症が心配な人でも使用が可能です。使用方法や薬のポイントなどは通販サイトで詳しく記載されておりますので、アフターピルのエラを通販してみるのも良いかも知れません。