• ホーム
  • 子宮に関わる病気の種類一覧|原因と症状も解説

子宮に関わる病気の種類一覧|原因と症状も解説

女性の大切な臓器に子宮があります。子宮に関する悩みは多く、月経の異常や不正出血、さらに月経痛による腰痛など様々な悩み事に直面します。

子宮は自覚症状がある場合とない場合があり、病気でなく単に月経痛がひどいだけだととらえていたら、実は子宮内膜炎を引き起こしていたということもあります。子宮の病気の種類は数多くあり、代表的なものに筋腫や内膜症、頸がんや体がん、腺筋症や頸管炎、膣部びらんなどがあります。

筋腫は一番なりやすい病気の種類で、30代以上であれば5人に1人は筋腫を持っているとされています。子宮の筋肉にこぶのようなものができる病気で、原因ははっきりとはわかっていません。ですが、筋腫の成長には女性ホルモンが影響していると考えられています。

だいたいの場合、良性の腫瘍のことが多く、急に月経量は増えることがあり、貧血を起こしたり急激に月経痛がひどくなったりすることがあります。さらに筋腫が大きくなった場合は周囲を圧迫するので、頻尿や便秘が起こります。命に関わることはないですが、不妊や流産のきっかけになることがあります。

内膜症も起こりやすい症状の一つで、子宮の内膜が本来の子宮の内腔ではない場所に発生してしまい、増殖する症状です。内膜症も原因がはっきりとしていないのですが、10代後半から発生し閉経になるまでは続きます。病巣が卵巣にできてしまうとチョコレート嚢腫を引き起こし、ひどい月経痛や腰痛、排卵障害を起こし日常生活が困難になるだけでなく、不妊の大きな要因となってしまいます。大きくなると破裂することもあり、早期に治療をしなくてはなりません。

頸管炎は子宮の下の方にある頸管が病原菌などに感染してしまい炎症が起こる症状です。膣炎から起こることが多く、大腸菌やブドウ球菌、結核菌や淋病などが原因となりますが、近年ではクラミジアによって感染することが多く、膿のような黄色いおりものが増えてしまいます。ですが、クラミジアや淋病の場合、自覚症状はほとんどありません。そのため気が付かないままの状態になってしまい、不妊になってしまうこともあります。

頸がんの場合は、頸部にできるがんであり、ヒトパピローマウイルスの感染によって起こることが原因とされています。感染自体はよくあることであり、8割の女性は一生のうちで一度は感染しているといわれているほど、ありふれたものではあります。発症は40代が多いのですが、20代でも発症してしまうことがあり、初期の段階では自覚症状がありません。進行してくると月経不順や不正出血、おりものの異常が起きてきます。