• ホーム
  • 閉経の前兆は月経に現れる!平均的な年齢と代表的な症状

閉経の前兆は月経に現れる!平均的な年齢と代表的な症状

日本人の女性の場合、平均的な閉経の年齢は50歳と言われており、早い人では45歳ぐらいに迎えてしまうことがあります。閉経の前兆として月経に変化が生じるのが特徴で、多くの人が閉経前に月経の変化を感じています。

閉経までによく現れる症状としては、30代後半から40代前半になると、月経周期が短くなり経血の量も少なくなります。月経が来ていたとしても、一部は無排卵月経になっていることがあり、実際には排卵されていません。40代後半になると月経不順になり、なかなか月経が始まらない月もあれば、すぐに始まってしまう場合もあり、いつ月経が始まるのかがわからなくなることが多いです。

量も不安定であり、大量に出血する月もあればたった1日で終えてしまう場合もあります。さらに通常は1週間程度で終わっていた月経が、なかなか終わらずだらだらと続いてしまうことも起こります。そのようなことを繰り返し、月経回数自体も2か月から3か月に1度となり間が空いてきます。そして50歳ぐらいになると閉経になります。

ただし、このような経過は個人差があり、今までしっかりと月経がきていたのにある日突然止まってしまい閉経となることもあります。目安は年齢であり、50歳ぐらいになったら間近であると考えると良いでしょう。

女性の体では45歳前後になると、女性ホルモンであるエストロゲンは急激に減少してきます。エストロゲンは女性らしさを維持する作用があり、肌のつやを保ったり、骨の強度を増したりする働きもするのですが、少なくなってくるとホルモンのバランス自体も不安定になり、自律神経が乱れ体のあちこちに不調をきたします。閉経の前兆としてこのような更年期障害の開始もあげられ、月経周期の不安定さと、精神面や肉体面での変化が生じ始めている場合は、月経が終わるのが近いと考えます。

閉経は最終月経開始日から、1年たっても月経が起こらない場合をさしています。閉経を迎えると卵巣の機能は完全に止まるので、妊娠しなくなります。迎えるとおりものの量が減り、膣にもうるおいがなくなるため膣炎を生じやすくなり、性交時には痛みを伴うことがあります。また骨粗しょう症や動脈硬化を引き起こしやすくなるので、生活には十分注意しなくてはなりません。

平均して50歳と言えども近年は食生活や生活環境、ストレスによって早く月経が終わってしまう場合もあります。いつ起こってもいいように、体と心のバランスは意識して良い状態に保つようにします。